google.com, pub-1143464436133895, DIRECT, f08c47fec0942fa0

イナバ物置でガレージを手に入れた ガレーディアGRN-2142S

私のDIYの拠点を紹介します。

ガレージ,イナバ物置

私のガレージはイナバ物置のガレーディア GRN-2142Sです。


イナバのHPにはバイク倉庫的な感じですが、私はDIYの基地にしたくて買いました。

(もしバイク用だとしても、鍵もかかるし、整備もできるし、アクセサリーやパーツもしまえるくらい十分な広さもあるので、良いと思います。)

気になる費用は業者に一式頼んで合計40~50万円くらいかかりました。

さてこのガレージのポイントは3点

①平面サイズ10m以下

 建てる上で延床面積10m以下はMust条件です。もし超えると固定資産税もかかるし、建築確認という役所への申請も必要になります。このガレージの延床面積9.1mで、10m以下のガレージだと最大級です。 

 

②床はコンクリート仕上げ

 このガレージでは溶接やグラインダー等の火花が出る工具を使うので、床はコンクリートで仕上げる必要がありました。床付きのタイプだと、床下に草が生えてきて火花が燃え移っての火事の心配があるのでコンクリート仕上げにしました。キャスター付きの椅子やカートも使えるのでGOODです。

電気(100V&200V)を通す

 ガレージでDIYをやる上で電源は必須アイテムです。溶接もやるので200Vも必須でした。証明も完備でしているので、奥行きが長めで奥まで光が入ってこないこのガレージでも不自由なく作業ができます。

建ってから1年経ち装備も充実してきているので順次紹介していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA